こんにちは、さいとうです。

今日もたくさんのお客様にご来店いただきました。
幸せです♪

てなわけで
今日も真夜中の日記。

今日は先日お会いした某社長のブログから勝手に抜粋!
いいお話です。

↓↓↓

「僕も含め必ずと言っていいほど人は気づかないうちに自信が過信にかわる。
出来ている事や得意な事は尚更なりやすい。

太刀の悪いことに周りが教えてくれても、攻撃しだしたり、自分を正当化したりする。
そうなってくると後は大変
成長どころか捻くれて手がつけられなくなる。

再度自分の立ち位置を確認して見ることから始めたい。

本や何かで知識による頭でっかちになってしまっている可能性が高いように思う。

わかってる、知ってる。
では結果は絶対にでない。

出来たかどうかは自分で評価するのではなく人が評価するものが一番自分自身当てになる気がする。
だって人が高い評価をくれたってことは、自分を必要としてくれるひとが多かったって事じゃん!

どんなに自己評価がたかくても、周りが必要としなかったりしたら、寂しいけど実力ないのと一緒なんだよね。

そして自分はやるチャンスがこないから、なんてのは
まずそこまでも達してないんじゃないかって、自分を見つめ直した方が早い〓

本当に評価に値する数字や結果がだせてるか!

それにつきる。

自分にきびしく。

そうありたい!

謙虚であれるし、カッコイイからね。

っと我がふりなおせ的な話しでした」


これはこの社長がまだ今のような大会社になっていない時期に書かれたもの。
大きくなれる人ってそういうもんですね。

ではまた。