こんにちは、さいとうです。

難しいことだらけで大変です(涙)。
特に先日から悪戦苦闘している梅干しのスイーツ化・・・

「うめぼしをスイーツにする意味あるんか?」

って?

「他に無いから」

としか言いようがございません。汗汗

そもそも当店自慢のワッフルにしても
「他に無いから」
食べていただけているわけで。

でなかったら、
今頃「ワッフル屋」ではなく「パンケーキ屋」になってますわ!
もちろんそれで流行らせる自信はございません…
並み居るライバルたちより秀でる才能など自分にはありませんから。汗

てなわけで
日々他には無い商品を開発すべく頭を悩ませているわけです。

さて、
先日仕込んだうめぼしの塩分がどうも抜き足らないようで・・・
最初に仕込んだのが良い感じで、次が甘すぎ・・・
で少し抑えてみたところ全然抜き足りなかったってわけです。
加減が難しい・・・涙。

当然、試食したスタッフに「変な顔」されました。涙涙

このままでは最高級うめぼしさんに申し訳ない!
ということで
今日は初心に返り再実験開始。

1%の食塩水で
うめぼし1個に対し250ccのものと500ccのものとで塩気を抜き比べてみることに!

どれくらいの違いが出るか?
先ずはここから再スタートです。

商品化のためには安定した品質(同じ味)のものを繰り返し生産できることが必須です。
1度や2度成功しただけではビジネスにはなりません。
1000個同じものが作れるようにならなければならないところに商売の難しさがあるわけです・・・

ま、
絶対にあきらめませんので!

和歌山にしかないワッフルを必ずご提案します!

ん?
「売れるか?」
って?

売れる商品の影には何倍もの売れない商品がございます。
「売れなかった」ときは次に進むまでのことです。
ビジネスの成功は無駄な労力の積み重ねの先にしかない!
と自分はそう考えるわけです。
何事も経験!

どうぞご心配なく♪