こんにちは、さいとうです。

今日もたくさんのご来店、誠にありがとうございました。
無事、本日のルーチンワークを終えました♪

新記録といっても売上のことではございません。
もちろん、お客様の数は250名を超えておりますので
売上はトップクラスです。

新記録というのはホームページのアクセス数。
何と「1,110」!

たぶん今日の折込で求人広告を出したので、
求職中の方に加え
「新店オープン」と書かせて頂いたために
ご同業の経営者様や、常連様にも興味を持って頂いたからと思われます。

とにかくこれからいろんな事業展開で一緒に会社を大きくしていただける方を募集してます!
皆さんの頑張り次第(結果次第)で、会社組織としてのいろんなポストを用意できると思いますので、
「未来に賭けてみたい!」
と思ってもらえる方のご応募をお待ちしています。
もちろん、
単に「稼ぎたい!」って方も大歓迎です!


さて、
今日はマジで忙しかったですね(汗)!
みなさんお疲れ様でした。

そんな中、
ホールで案内係をしていた「Hうら」から
貴重な報告が上がってきました。
現オペレーション下における不具合発生の報告です。

ホールオペレーションの隅々にまで目が届かない自分にとって、
不具合の報告ほどありがたいことはありません。

良い報告は結構上がるものですが、
悪い報告は、担当者としては自分の責任にされることを恐れ、
なかなか報告しにくいものです。
その為、何か不具合があったときても、対応したスタッフのスキルの問題として片付けてしまいがちになります。

1時間あたり数十人というお客様の対応時には
スタッフのスキルというよりも、作業オペレーションに問題があることがほとんどです。
つまり、原因を慣れないスタッフのせいにしてしまうと、
いつまでたってもオペレーションの問題点を改善出来ないまま、同じ問題を繰り返してしまうわけです。

何度も言いますが、
問題が発生するということは、
お客様サービスが低下するということです。
それは将来における売上減につながります。

現場で発生するほとんどの問題が、スタッフのスキルではなくオペレーションの問題ということは、
言い換えると、たとえ問題が発生したとしてもその責任はスタッフではなく経営者側にあるわけです。
ですから問題が発生したときは、
胸を張って
「自分たちは一生懸命やってます、でもこんな問題が発生しました。何かオペレーションに問題があるのではないですか?」
と言ってもらえれば良いわけです。

今日の「Hうら」の報告はまさにそれです。
おかげで
店長を含め3人で対応策を協議しました。
その上で、
新しいオペレーションに沿って、少しでもスタッフのスキルを上げていこうという結論になったわけです。

失敗の報告こそが
お店のレベルアップに繋がるわけですね。
決して管理者や担当者を責めるためのものではありませんから!
むしろ
失敗の報告が出来る人こそ成長できるし会社としても評価できます。

ホールのみなさん、たとえ些細な不具合でもどんどん報告頂ければ幸いです。
ただ、
個人攻撃だけはNGです。
自分も含め、みんな失敗を重ねて成長しているわけですから!

あ、
それから、
新店舗について少し発表しておきます。

11月中にオープンする店舗は
神戸市三宮(トアロード)のレオニダス神戸トアロード店(仮称)です。
こちらはレオニダスチョコレートとリエージュワッフル等を販売する物販のお店です。

そして、
12月中にオープンする店舗が
ベルクライン初の姉妹店となるカフェ(ワッフル専門店)、
場所は「和歌浦」です。

今回の募集は
それに伴う(転勤のため)本店スタッフの補充とリエージュワッフル製造スタッフの増員です。
新店舗の募集はあらためて行う予定です。
もちろん、
和歌浦での勤務希望の方がいらっしゃれば、先行受付も可能です。

当社の企業理念は

『食に通じる企業活動を誠実に行うことで、全従業員の物心両面の豊かさを追求すると同時に、新しい食文化の創造で人々の幸せと社会の繁栄に寄与することを目的とします』

です。
ちなみに、当社が目指す「社会の繁栄に寄与する」とは、

「雇用の増大」

どうぞよろしくお願い致します。