こんにちは、さいとうです。

今日は金曜日ということもあり
昼間はゆったりな展開でしたが
ディナーの予約など夜にたくさんのお客様にお越しいただき、


なんとか挽回させていただきました。
誠にありがとうございました。

さて、
先日このブログで「やる気…」というタイトルの記事を書きました。
やる気さえあれば一人前に育てます…うんぬん、的な内容でした。
でも
自分で書いておきながら
書いた内容に何となく違和感を抱いていました。
もやもやとした気分。

そして今日、その原因がやっと判りました。

そもそも「やる気」というものは
あるかないかっていう単純なものではなく、
ちょっとしたことで
やる気が出たり、やる気が無くなったり…
その繰り返しだと思います。
経営者である自分でさえそうです…汗。

てことは
「やる気のある人大募集」
なんてキャッチフレーズは
ハッキリ言って無意味!

プライベートで嫌なことがあると何も手に付かなくなることもあれば、
その逆ももちろんあるわけです。
24時間やる気を保つ人間なんてこの世にいないと気づいたわけです(遅まきながら)。

つまり
自分がやるべきことは
スタッフに対し「やる気」を引き出してあげること!
やる気がないスタッフがいるとすればそれは自分の責任だと思います。
とても難しいことだと思いますが、
会社にとって一番大事なのは「人」である以上、
それを実行できる経営者のみが会社を大きく育てることができると思ったわけです。

こないだのブログで偉そうなことを書いたこと、マジで反省しています(削除したいくらい)。
最近、多店舗化に向け若いスタッフたちがやる気満々で仕事に取り組んでいる姿をみて心からそう思います。

大切なのは
「やる気がある」ことではなく
「目標を持ってもらう」ことなんでしょうね。
スタッフそれぞれの価値観に基づき抱く目標を
うちの会社でかなえてもらえるよう自分が全力を尽くす。
そうすればみんな自然とやる気を出してくれるはずなんですね。

スタッフ(部下)のやる気が無いのは経営者(上司)の責任!

胸に刻みます。

幹部(目指す方含む)の皆さんもそんな気持ちで他のスタッフと接していただければありがたいです。
スッキリ♪