こんにちは、さいとうです。

ついに
明日はTV放映の日です。
それが吉と出るか凶と出るか…
全ては明日からのお客様対応次第だと思っています。

どちらにしても結局は
「明日から」うんぬんではなく、今までやってきたことの結果であることは重々承知してますので、
結果すなわち
現時点での自分(当店)の実力であることは間違いありません。
どんな結果も受け入れる心の準備は出来ています。
ただ、最後の最後まで今の自分にやれることはやっておきたいと思います。

今正直に思うことは
このチャンスをものにできなければ
自分についてきてくれているスタッフたちに申し訳ない…
それだけです。

自分一人なら
たとえ今の店がつぶれようとも
今までの(莫大な)借入金(T_T)を返済しながらでも、自分の生活費を稼ぐくらいの自信はあります。
でも
将来におけるスタッフたちの生活が自分の肩にかかっています。
その重さがハンパない…
しかも自分を信じて融資してくれている人もいるわけです。
だから今の店、絶対に失敗は許されないんですね。

自分は人から見えるより強い人間ではありませんし
そもそも客単価の低いカフェはいくら繁盛しても一店舗だけで儲かる業態ではありません。
スタッフの生活、借入金の返済など
今の重圧を背負い続けていくプレッシャーを考えると
いっそのことお店がつぶれ、
「ごめん、新しい仕事を探してください」
と言えたら楽なんやろうなって考えたことは一度や二度ではありません…

でも
怒られながらも頑張ってついてきてくれるスタッフの姿をみるたび、
そして一文無しだった自分に融資してくれた方々への恩を考えると
「あかんあかん!」
って思いなおすことができるんですね。

そんな時はまた
「大きな借金をしたり、社員を雇ったりすることは大変なことやけど、だからこそくじけることも無いし、長い目で見れば必ず自分にも返ってくるんやろな」
って思えます。
今はそれだけが自分の希望になってます。

たぶん、世の中の成功している社長さんたちもそんな苦しい時期を経験してると思います。
いつかこの先「あの時苦労して良かった」と思える日が来ることをひたすら信じて頑張るのみです。

とにかく
明日から少なからずテレビをみて初めてご来店くださるお客様もいらっしゃるはずです。
そのお客様に粗相の無いよう皆で力を合わせ頑張るのみです。

「“もう” は “まだ”、“まだ” は “もう”」
「表裏一体」
「損して得とれ」
「あがらない雨はない」
「夜は必ず明ける」
などなど…

全て「プラマイの法則」なんですよね。
だから苦労は買ってでもしますよ!

とにかく、
最低の1年の最後に、
最大のチャンスを与えていただいたことに大感謝です。