こんにちは、さいとうです。

 

先を読む・・・

ぶっちゃけ無理ですよね。笑

 

もし完璧にそんな事ができたら

事業で大成功できますよ。

 

正確には「予想する」が正しい行為。

予想は当たる場合もあれば外れる場合もあります。

その道の経験者は当たる確率が若干高くなるってところでしょうか。

 

ただでさえ難しい先読み。

今まで経験のないコロナ禍において

一つの結果を読みきるのはほぼ無理でしょうね。

 

一つに決めるのであれば

それはギャンブルみたいなもんですよ。汗

自分はギャンブル上等ですけどね。笑

 

そんな自分でも

ギャンブル的な先読みは行わず

できるだけいろんなパターンを想定して対策を考えます。

 

が!

 

ことコロナに関しては

この先の展開が多すぎてその全てを考えるのはあまりにも非効率・・・汗

よって

ベルクラインではイチかバチかの戦略に出ております。

 

それは

イートインの強化

 

他の飲食店がこぞって中食、内食、家飲みが増えると読んで

テイクアウトに力を入れている昨今。

 

自分は逆に

そういう世の中だからこそ

 

「フェイストゥフェイス」

 

スタッフとお客様ではなく

お客様どうしのコミュニケーション、

この重要性と人々の欲求が

今後はより強くなると考えているわけです。

 

確かに需要は縮小するかもわかりませんが、

マーケットの大小にかかわらず、

生き残るお店と潰れていくお店が必ずどちらも存在します。

 

飲食業としてのベルクラインは

テイクアウト市場ではなく

あくまで主戦場である「フェイストゥフェイス市場」で勝負します!

 

もちろん目指すフェイスは

笑顔ですよねー!

 

 

昨日は忙しかったです♪

 

じゃあまたね。