こんにちは、さいとうです。

 

いやー厳しい。汗

 

今月はまだ目標達成日がないどころか

前年すら下回っています・・・

最近の感染増で自粛ムードが盛り返してきたことが大きいのではないかと思っています。

 

そんな中でも自分が注目してるのは株価。

 

自粛とは経済を止めること

当然コロナ第1波の時のように株価も下がるのが普通です。

なのに今回は下がらない。

アメリカも同様。

むしろ上がっています。

 

これが何を意味しているか・・・

 

株式指数は経済の先行きを表す数字。

個々人の損得がかかわってますので

その数字にこそ本音が表れると思っています。

 

自粛に傾く世論の形成は「経済よりも命」

という大義名分に加え

会社を休んでも給料がもらえる大多数の人にとって

何も失うものがない(短期的には)のでそちらに流されるのは当たり前。

 

ただし株式市場は別の動きをしてます。

データが蓄積しつつある現状では

コロナの正体が実は経済を止めてまで恐れるものではない。

(つまりは大したことない)

という人々の本音が株式指標に表れていると思っています。

 

この先自分の子供や孫世代までのリスクを踏まえ

ワクチンが開発され行き渡るまで、

 

「コロナに感染しないことは経済活動にも勝る」

 

という世論が今後も広がるのか、収まるのか・・・

観光、運輸、飲食などなど

コロナで大打撃を受けている業種の命運を握っています。汗

 

ま、

個人的な意見を言わせてもらうと

「コロナは早期発見で治る病気」

癌みたいなもんですかね。

そう

早期発見こそがカギ。

 

第1波の時は

ろくに検査も受けさせてもらえず

病魔が進行したらようやく検査・・・

そら

助かる命も助かりませんよね。

 

今は検査体制の充実でほとんどが早期発見。

何せ無症状でも発見してますからね。

2か月前なら死んでいた人でも今はほとんどが助かってると思ってます。

 

それが数字にも表れてる現実だと思うんですけどね。

 

重要なのは感染させないことではなく

医療体制の強化でしょ。

変なキャンペーンではなくそこにお金をかけるべきです。

 

コロナは(早期発見で)治る病気

 

ネガティブな表現をしても「癌(ガン」並み。

ポジティブなら「インフルエンザ」並み。

 

どんな病気でもそうですが、必要なのは早期の治療です。

それができる日本、世界でも有数の恵まれた国ですからね。

 

じゃあまたね。

 

関連する記事