こんにちは、さいとうです。

 

自分はちょっと変わってて、笑

 

「死」というものを特別なこととは考えてません。

(この世界に入ってから)全力で生きてますけどね!

 

若い頃、バイクの事故で友達を目の前で二人亡くしてから

人間いつ死んでもおかしくないと思ってました。

 

祖父母やおじさんが亡くなったときも

当たり前のように受け入れてましたが、

近い人が亡くなるとさみしさからくる悲しみよりも

後悔からくる哀しみで気持ちが一杯になったものです。

 

その後悔は今でも頭から消えることはありません。

 

ここ数年、忙しくてなかなかゆっくり実家にも顔を出さなかった自分でしたが

去年会社が潰れそうになったときにはしょっちゅうごはんを食べに言ってました。笑

 

足腰が弱り物忘れもひどくなった両親をみて感じたことは

やっぱり「死」でした。

 

若い頃は苦労(学校への呼び出しとか。笑)ばかりかけていた自分、

大人になっても経営者として成功することもなく

このまま父親母親まで失ったときの後悔の大きさは容易に想像できました。。。

 

会社をすぐに立ち直らせることは難しいことは分かってましたので、

それ以来約一年、各日ではありますがかかさず通っています。

 

一緒にごはんを食べて1〜2時間ほど話をするのですが

必ず聞いてくるのは

 

「今日は忙しかったか?」

 

忙しかったことを告げた日は自分の事のように嬉しそうにしてくれます。

 

あとは昔話がほとんどで

親父なんか、同じ話を何回もします。笑

毎回、そうかそうかって聞いてると嬉しそうにしてくれますのでそれが一番です。

 

あ、そうそう!

老夫婦のくせに口げんかばっかりするので

それを仲裁するのも自分の仕事。笑

 

これで経営者として成功する姿を見せられたら

両親の死を迎えたとき

少しは悲しみと後悔も少なくなるでしょうかね?

 

わかりません・・・

コロナで亡くなる可能性も低くはありませんし・・・

 

たまたまかもしれませんが、

実家に通うようになってから会社が立ち直りはじめたのも事実です。

何とか家族、会社共々コロナを乗り越えて

生きてるうちに成功した姿を見せてやりたい!

 

やっぱり

近くに喜んでくれる人がいると

頑張れるのかもしれませんよね。

 

コロナ禍・・・

これから日本はどうなるんでしょう・・・

 

感染死

 

経済死

 

残念ながら増えることは間違いないと思います。涙

 

繰り返しになりますが

人間なんていつ死ぬかわかりません。

期限をつけなければいつかは必ず死にます。

 

自分はもちろん

周りの大切な人は本当に大切にしましょうね。

いつかね・・・

では遅いこともあるんですよ。

その時はほんとに後悔しますので・・・。

 

てなわけで、

自分はもし死んでも

会社の借金を清算し、家族が路頭に迷わないだけの生命保険をかけてます。笑

 

だから自分としてはいつ死んでも悔いはございません。

全力で生きてますしね!

が、

もし

私が死んで悲しいと思う人がいるとしたら

今のうちに優しくしといてね。

後悔しまっせ〜笑

 

ほっこりする動画貼っときます。

https://www.youtube.com/watch?v=fCwozOTBgZM

 

いつかこの人のライブをベルクラインでやりたいです。

そのときはお客様を招待したい。

ぜひお越し下さい♪

 

じゃあまたね。

 

関連する記事