こんにちは、さいとうです。

 

じわじわ忍び寄るコロナの悪影響・・・

和歌山でも感染者がじわじわ増えています。汗

その影響か

売上も伸び悩んでます。

 

今のところかろうじて前年を超えてますが

このところの推移をみてるとここから再び下がっていく可能性のほうが高いですね。涙

 

とにかく

休業要請が出ない限りはは感染拡大に注意を払いながら

販促面ではコロナに関係なくより以上に売上増につながる施策を実施していくしかありません。

 

おかげさまで今はまだ融資も助成金も一切受けず踏ん張れています。

(ベ〇ツは我慢してますが)涙

コロナがこの先まだまだ長続き、体力勝負となったときにそれらは最大の武器になりますので

去年やコロナ第一波時のように収支面でただちに会社が傾くことはないと思います。

 

唯一心配なのは自分を含めスタッフの感染・・・

しっかり対応して営業再開するのは簡単ですが、

その後のお客様の反応がわかりません。

バッシングを受けることは容易に想像できるんですけどね・・・

 

ま、

その時はその時

目の前で起こる事はすべて自分が行ったことの結果であり、

すべての責任は経営者である自分にあります。

 

タダでは死にませんけどね。笑

 

そんなこんなで

国がまたまた布マスクを配ろうとしていることになど目もくれず、

自分はひたすら新メニューの早期投入でバタバタしてます!

 

メニューを考えるのは難しくありません。

問題はオペレーション。

 

このご時世ではなおさら

お客様をお待たせしないことが重要です。

経費かけず、味(質)を落とさず1分1秒でも早く提供できるオぺーレーションの構築。

 

もちろんカフェは本来お客様にゆっくり滞在していただくお店です。

(コロナが怖いので)さっさと注文してさっさと食べてさっさと帰りたい!

そんなお客様のご要望にも応えられる体制は不可欠です。

 

時間当たりの作業点数の削減は

スタッフの疲労やミスの低減にもつながります。

 

飲食店とは縁がない仕事を渡り歩き、

調理師でもなく修行経験もない自分がこの世界で生き残ってこれたのは

オペレーションの達人(自分で言うな)であるがゆえん。笑

 

生まれ変わったら

オペレーション専門のコンサルタントになりたいくらいです。

メニューと想定売数を聞き、最短のオペレーションを提案する仕事♪

 

オペレーションはメニューが1種類でも入れ替わると総崩れになる可能性が大きいので、

効果を感じていただければメニュー変更ごとにお呼びがかかる。

大儲け♪

 

アフターフォローもばっちり

特に女性経営者の方には手取り足取りご指導いたします。笑

 

はぁ〜汗

しょーもない妄想してないで自分のケツの火を消すことに集中します。汗

 

ま、

去年のケツの火に比べたら

やいと(お灸)みたいなもんですけどね。

逆に体に良いですわ!笑

 

新メニュー

販売開始日が決まれば先にこの日記でお知らせします!

 

じゃあまたね。