こんにちは、さいとうです。

 

コロナは終息に向かっているように思います。

しかしまあ

行政のコロナ蔓延防止対策はどうだったんでしょうね・・・

正直に言わせてもらうと

緊急事態宣言や解除にしても

意味がなかったように思います。

 

国や都道府県の行政は

コロナ終息を自分たちの手柄にしたいと思うでしょうが、

 

ずっとお店を開けている現場の感覚としては

いくら自粛要請をだしても

県間を含めて移動する人はします。

 

周りをみても

減ったとはいえ

通勤ラッシュもあったし、

スーパーやホームセンター、ドラッグストアは利用客であふれていました。

 

急激に飲食店のお客様が減ったのは

やはり志村けんさんの死。

この日を境に日本人の自粛自衛の意識が高まったんでしょう。

それよりずっと後に出された緊急事態宣言など後付け政策でしかない。

終息しなかったときの言い訳、

または

終息したときの手柄にできるくらいですよ。笑

 

日本におけるコロナの終息は

日本人の自粛自衛意識の高さの賜物だと思いますね。

 

欧米諸国でのキスやハグの習慣は

感染爆発との因果関係が大いにあると思いますよ。

 

日本は逆に、

手洗い、うがいの習慣が感染抑制との因果関係があるはずです。

 

休業要請も

欧米の習慣(濃厚接触)に近い

ナイトクラブやキャバクラ、風俗店、ライブハウスに限定し、

休業補償もそこに手厚く集中すべきだったと思いますね。

もちろん

満員電車は危険ですので、大企業のテレワーク推進は正しかったと思いますが。

(コロナ以前から電車の混雑は問題でしたけど)汗

 

本当にヤバイところを集中規制、集中補償する。

それができていれば

ここまで経済が落ち込むことも無かったでしょうから。

 

とにかく

ここまでやってしまった以上

経済は元に戻りません。

戻るとしても何年も先のこと。

 

また

需要の変化も確実におこります。

 

飲みニケーションゼロ、

家庭での食事、

巣ごもり生活、

 

苦痛と感じる人もいれば

快適と感じる人もいます。

 

半分は戻ってこないでしょうね・・・

 

それを踏まえて

飲食業はどうすべきか、

当然需要のパイは縮小します。

 

いばらの道はこの先に待ってます。汗

 

 

昨日は

ワッフルのお客様が多くて嬉しかったですが、

ランチが全くダメで

売上は目標の半分・・・涙

 

じゃあまたね。