こんにちは、さいとうです。

 

最近はFBの更新が精一杯でした。

かれこれ20日以上放置(汗)

それでもアクセス数が日々それなりにあるのを見ると反省感が増します(大汗)

 

基本的にブログはスタッフへのメッセージが中心でしたので、

そこらへんはほぼ毎日LINEで直接行うようにしてます。

いやー、便利な世の中です。

もはやLINEなしでは仕事になりません!

 

さて、FBでも触れましたが、

今日はひさしぶりの「Kむら」ネタを書こうということで重い腰をあげました。

そんな矢先、

かの「Sせんむ」の友達で「Kかわ」社長のアメブロにまたまたタイムリーな投稿が

↓↓↓

https://ameblo.jp/kurokuro963/entry-12309742164.html?frm_src=favoritemail

 

『ゴール設計によって「良い事」の定義が変わります』 

 

深いですよ。

こうもあります

 

『ゴール設計が違う人間が討論してもあいまみれるはずがないのです』

 

まさか「???」の人はいないですよねー

 

ウチのお店でも日常的に繰り返されていること。

特に経営者とスタッフは当然のことながらゴール設計が違います。

大体はそれぞれが言ってることは、それぞれのゴールに対してならば正しい。というところが悩ましい(汗)。

 

だから自分としては、会社(お店)が向かうゴール(方針)を明確にし、

それを理解してもらうことに日々全力を尽くしています。

ビジネスは個人(社長含む)の自己満足の世界ではないんですよ!

ってことですね。

 

ただそれを理解してもらうことが実は一番難しい・・・

それぞれ価値観や生活環境も違いますので(汗)

 

ま、永遠の課題でしょうね。

でも一つだけ断言しておきます、

会社(お店)が目指すゴールは一つです。

それは最終的に経営者が決めます。

これは経営者がいろんな環境を考慮して出す結論。

 

少なくとも、スタッフが給料をもらって働いている以上、

仕事中は会社の目指すゴールをしっかり理解して受け入れてもらわなければなりません。

ゴールさえ共有できればそれに向かうために必要な「良い事」もおのずと一致しますので。

 

逆に、ゴールの違う人間が入ると全体の足を引っ張ることになります。

厳しい言い方ですが、それが現実です。

 

 

とまあタイムリーな記事につられて前置きが長くなりましたが「Kむら」の話。

 

今日は神戸の若き店長「Kむら」若おじさんが、旅行代理店関係の新販促プランの実行と賞味期限の見直しという二つの大きな仕事を進めてくれました。

前者はまもなく結果が数字で出ます。

後者は今後の戦略に関わる大事な仕事。

 

これらを自らの意思で進めてくれたことが先ずは嬉しい。

そして何より

実は「Kむら」は和歌山への帰還が決定しています。

理由は神戸での成長を経た今、和歌山における多忙極まりない自分の仕事を全般にわたりサポートしてもらうためです。

 

そんなKむらですが、残された短い期間を神戸事業の将来に繋がる仕事を懸命にやろうとしている事こそが今の自分にとって一番喜ばしい事なんですね。

 

ぶっちゃけ、

「Kむら」とは会社の現状やゴール、すなわち危機感や夢と希望も共有してます。

 

つまり、

会社にとって「良い事」もしっかり一致しています。

 

だからいちいち指示を出さなくてもやるべき仕事を提案してきます。

ま、

顔はおっさんですが、まだまだ若いので細かいことは聞いてきますが、

それは当然のことですし、その質問がまた成長に繋がります。

 

てなわけで

来月にはKむらが和歌山に戻り、

自分のサポート担当として、和歌浦と神戸の店長を兼務してもらうことになると思います。

 

大変だとは思いますが、Kむら自身、自らの将来をしっかり認識しているハズです!

ちょっと前、

「独立するか?」

って聞いてみたところ、

「それは最終手段ってことで」

という回答・・・

 

つまり会社が倒産するときは仕方なく独立するが、

会社が続く限り付いて来るらしい・・・汗

見事に倒産したときのことまで一致してます。

 

嬉しい反面責任重大(大汗)

 

Kむらには自分のような貧乏社長ではなく、

収入が伴う社長になってもらうべく自分も誠意一杯頑張ります。

 

さー

久しぶりにこれで締めます。

 

目指せ!

もちろん「Kむら」が。

 

じゃあまたね